医療法人薫会 菅又病院

TEL 028-676-0311

診療日
月 ~ 土
8:30 ~ 12:00
 
 
13:30 ~ 17:30
休診日
日曜日 / 祝日

病院案内

院長挨拶

  • 当病院は、元衆議院議員の初代院長、
    故菅又薫先生の仁徳をたたえて建てられた、
    菅又薫の記念病院です。

    郷土の偉人として種々のエピソードを秘めて
    表庭にそびえたつ菅又薫先生の銅像は、
    たくさんの方々の御芳志により建立されたもので、
    唯単に一族一統の誇りではなく、
    この町に住む人たちの誇りでもあり、
    又尚私たちに「艱難汝を玉にす」と語りかけています。
     

    菅又病院院長 菅又 剛三郎

  • 菅又薫 銅像

    菅又 薫 銅像

医師紹介

菅又 剛三郎

【院長】菅又 剛三郎

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本外科医会認定医
  • 日本臨床内科医会専門医
杉田 旭

【内科・消化器科】杉田 旭

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化管学会認定 胃腸科専門医・指導医
篠原 昌之

【内科・麻酔科】篠原 昌之

理念

『人見不病診』

人見不病診

 
故菅又薫先生は、常に
「私は病気をみて治してあげるのが仕事だ。
偉い人とか、偉くない人とか、金持ちとか、貧しい人とか、
そういった区別をするようなことは大嫌いだ。
誰とでも同じように付き合うのだよ。」
といっていました。

そして「病をみて人を見ず。」の額を
自ら書いて病院にかかげました。

現在、当院受付前にかかげており、
当職員これを理念として日々診療を行っております。

病院概要

当医院は豊かな自然環境の中で、
心身の医療と介護を技術をもった専門スタッフがお手伝いする、
安心と信頼の出来る医療機関です。

現在一般病床は46床です。

各総合的な診療科や設備により
患者さまが一日も早く回復ができるようにお手伝いします。

病院外観

開設者
菅又 薫
開設日
明治40年
理事長 / 院長
医療法人薫会理事長菅又 剛三郎
菅又病院院長菅又 剛三郎
鳥山台病院院長杉浦 啓太
富士山苑施設長長井 千輔
診療科
内科、胃腸・肛門科、循環器内科、呼吸器内科、外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科、歯科、リハビリテーション科、放射線科
病床数
134床(一般病棟46床、介護療養型医療施設88床)
職員数
120名

沿革

明治40年4月
初代院長 菅又薫が開設
昭和38年9月
医療法人薫会開設24床 
理事長・院長 菅又剛三郎
昭和38年10月
菅又病院21床増床
(許可病床45床)
昭和40年7月
医療法人薫会烏山台病院開設 
許可病床122床
昭和24年11月
菅又病院17床増床
(許可病床62床)
昭和56年3月
菅又病院新築落成42床
(許可病床104床)
平成1年3月
菅又病院病床2・3階(73床)を
特例許可老人病床に変更
4階は一般病床31床
平成1年8月
菅又病院20床増床
(許可病床124床)
菅又病院病床2・3階(88床)を
特例許可老人病床に変更
4階は一般病床36床
平成6年9月
菅又病院院内託児施設設置
平成7年3月
烏山台病院新築移転
平成8年3月
老人保健施設富士山苑開設
(許可病床100床)
施設長 菅又 成雄
平成10年4月
菅又病院4階一般病床10床増床
(許可病床134床)
菅又病院病床2・3階(88床)を
介護療養型医療施設に変更
平成12年6月
菅又病院新棟増設
平成12年8月
菅又病院本棟改築
菅又病院病床2・3階(88床)
を療養病床群に変更
平成13年7月
菅又病院歯科開設
ページトップへ